Event is FINISHED

CCC presents 第三の道【第13回】「自分の給料は自分で決める!」自由な選択と主体性から生まれる共創の経営、ホラクラシー経営 〜武井浩三(ダイヤモンドメディア)x 村中剛志(CCCパートナー)〜

Description
【CCC presents 第三の道【第13回】「自分の給料は自分で決める!」自由な選択と主体性から生まれる共創の経営、ホラクラシー経営 〜武井浩三(ダイヤモンドメディア)x 村中剛志(CCCパートナー)〜】

※第三の道の主旨についてはこちらをどうぞ⇒ http://www.cc-creators.com/the-third-road/

「自分の給料は自分で決める」、「肩書きは自分で決める」、「財務情報は全部オープン」、「働く時間、場所、休みは自分で決める」、「代表、役員は選挙と合議で決める」、「経費の清算は個人の裁量」、などなど。

アメーバ経営、フロー経営、ホワイト企業、日本でいちばん大切にしたい会社、いろいろなすばらしい経営、会社はありますが、21世紀の究極の経営モデル、それがホラクラシー経営だと思います。

「~すべき」「~しなくてはならない」という外側の期待に応えるための適合だけではなく、社員全員に選択の自由がある、そこから生まれる共創の経営と言ってもいいかもしれません。

アメリカでは、ザッポスが取り入れていることでご存じの方もいるかもしれませんが、今回、この場を共に創るダイヤモンドメディアの武井浩三さんは、この経営をすでに9年やられていて、社員数は違えど、内容の深さはザッポスとは次元が違います。


企業とは本来、働く社員の幸せ、その社員が会社を通じて社会に価値を提供する、その価値が世界、地球をよりよくする、その中で社員、その家族が生活する、このような循環のためのはずです。しかし、今の多くの企業では、主体的な自由な選択から生まれる共創よりも、目標達成のために、生き残りのために、個人の幸せを犠牲にせざる得ないものかもしれません。

それは、会社が悪い、社長が悪い、経営が悪い、組織が悪い、というのではなく、今の資本主義の仕組の限界かもしれません。しかし、その資本主義からも恩恵も多々もらっていることも事実です。

このような時代に、ホラクラシー経営のようなものが、既存の行き過ぎた状態と新しい主体性からの共創をブリッジする第三の道になると考えています。

こんな探求を武井浩三さん共に行いたいと思います。

楽しい場になると思いますので、お気軽に足をお運びください~♪


【第13回対談者】
・武井 浩三(たけい こうぞう)
ダイヤモンドメディア株式会社 代表取締役 共同創業者
レジリエンスジャパン推進協議会 住宅地盤情報普及促進WG 委員

21世紀型の経営スタイルを実践しています。
”人間性経営”、”フロー経営”、”非管理型経営”、”奇跡の経営”、”ホラクラシー型組織”などと呼ばれています。

ホラクラシーという言葉が生まれる以前より、ホラクラシー型の経営を実践し続け、ホラクラシー経営の日本第一人者として講演や組織支援などもしています。
http://kozotakei.tumblr.com

[ ダイヤモンドメディアの取り組み ]
・みんなの給料はみんなで決める
・起業、副業を推奨
・肩書きは自分で決める
・雇う雇われるの概念が無い
・上司部下の概念が無い
・メンバーの社内外ボーダーレス化
・経費の清算は個人の裁量
・財務情報は全部オープン
・働く時間、場所、休みは自分で決める
・代表、役員は選挙と合議で決める
・明文化された理念が無い
・非階層の自走型ホラクラシー組織
・採用する前に仕事をする

ダイヤモンドメディア株式会社 http://www.diamondmedia.co.jp/


・村中 剛志(むらなか たけし)
CCCパートナー

大学卒業後、日本アイ・ビー・エムに 入社。金融業界を担当するITエンジニアを経て、3年間イギリスに赴任。帰国後、8,000人の組織を率いる役員補佐を担当しグローバルオペレーションを学ぶ。その後、IBMビジネスコンサルティングサービスに参画し、翌年年間最優秀賞を受賞。2009年から4年間、中国上海に赴任し、1,000人の中国人をリーダーとして率いる。

グローバルの最前線で戦って成果も出ていたが、心のどこかに虚無感、むなしさを感じる。四半期単位での目標達成サイクル、それを必死で追いかける、達成して一瞬の喜びはあるものの、次の四半期は、また次の目標がやってくる。このサイクルを回し続けていても、自分自身、さらにはチームや組織、会社全体、さらには社会が幸せに向かっている感じがしなくなる。いろいろな出会いや紆余曲折を踏まえて、2012年末に中国からの帰国後、17年働いたIBMを退職後独立。

著書『「先読み力」で人を動かす』(2008年出版)は、5万部を超えるベストセラーに。韓国、台湾でも出版される。

合同会社CCC(Co-Creation Creators) http://www.cc-creators.com/


▼日時:7月7日(木)19:00 ~ 21:30
※開場は18:45〜

▼場所:ウェスレーセンター 2階 Room205
〒107-0062 東京都港区南青山6-10-11
表参道駅 B1出口より骨董通り 徒歩10分
http://wesley.or.jp/access/index.html

骨董通りを降ってきてお弁当屋さんがある「南青山六丁目」の交差点を右に曲がって、パーキングエリアの隣りになります。


▼参加費: 5,000円
※東京以外にお住まいの方とご自宅で育児中の方で参加できない方々にイベント後、イベントの模様を収録した映像のリンクをお送りします。対談や場全体で感想を交換する模様をご覧になれます。当日会場にいらっしゃらないため、参加費は半額にいたします。

▼申し込み
□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■
正式なお申し込みはPeatixでチケットを購入された時点で完了致します。
※事前チケット制度についてお困りの際は、ヘルプページ http://help.peatix.com/ をご覧ください。
□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■


▼支払い、キャンセル、領収書について:
※Peatixのチケット購入から希望の支払い方法よりお支払い下さい。参加費以外の購入手数料は一切かかりません。(支払い方法:クレジットカード・コンビニ・ ATM・Paypal)
※定員が限られているため、基本3日前を越えたキャンセルでのご返金は受け付けておりません。
やむ終えない事情によりキャンセルする場合、主催者にお問い合わせ下さい(所定の手数料が発生致します)
※領収書が必要な場合は、こちら http://j.mp/1yS5gsb をご覧ください。


▼当日受付
Peatixのシステム上、申し込み時にチケット表示の為にアプリをダウンロードするよう促されますが、特にアプリやQRコード等を用意する必要はございません。
受付にて参加者リストでお名前を確認させて頂きますので、身一つでお越し下さい。


▼主催:合同会社CCC 第三の道企画チーム
http://www.cc-creators.com/the-third-road/
Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-06-15 06:58:28
Thu Jul 7, 2016
7:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
第13回「第三の道」 ¥5,000
第13回「第三の道」収録映像 ¥2,500
Venue Address
東京都港区南青山6-10-11 Wesley Center 301 Japan
Directions
表参道駅 B1出口より骨董通り 徒歩10分 骨董通りを降ってきてお弁当屋さんがある「南青山六丁目」の交差点を右に曲がって、パーキングエリアの隣りになります。
Organizer
合同会社CCC (Co-Creation Creators)
556 Followers